コンテナライナーの充填・排出装置

排出装置:

 

ケアテックスは、開放空間に触れることのない、異物やほこりの混入を完全にシャットアウトする排出システムを提供します。特許取得済のこのシステムは、コンテナに簡単に取り付けできるケアテックス独自の軽量排出マニホールドなどで構成されています。

handl-container-liners-00.jpg

ケアテックス社製の排出マニホールド:
特許取得済 

 

下部にある2つのカムキーパーにフレームを付けて、コンテナに排出マニホールドを取り付けます。

handl-container-liners-01.jpg

排出マニホールドをフレームで固定します。ライナーの排出チューブを排出マニホールドから引き出し、排出マニホールドに沿って折り曲げます。

handl-container-liners-02.jpg

もう一方の排出スパウトを排出マニホールドに接続。ライナーの排出チューブは排出マニホールドと排出スパウトの間に固定されています。

handl-container-liners-03.jpg

納入先装置のフレキシブルホースを排出スパウトにつなぎます。

handl-container-liners-04.jpg

排出口の上部にあるハッチを開き、ライナーの排出管に取り付けられたひもを取り去ると、商品が流れ出します。

handl-container-liners-05.jpg

ここでコンテナを傾けます。 段階的に傾けることをお勧めします。

handl-container-liners-06.jpg

コンテナが最大限まで傾けられ、製品の流れが止まった後、エアバッグを膨らませます。

handl-container-liners-07.jpg

エアバッグが膨らむと、ライナー内部に残っていたバルクが排出管の方へ移動します。

handl-container-liners-08.jpg

両方のエアバッグが膨らむと、コンテナライナーの内部はバルクが残っていない状態になります。

handl-container-liners-09.jpg

コンテナが空になりました。

handl-container-liners-10.jpg
Caretex